異業種交流会では

異業者交流会に参加するのには、まず服装から大事になります。カジュアルな服装でと書かれた場合でも、ある程度の服装は必要です。スーツなどのかっちりした服装でなく、パーティのようなドレスに近いものを選びます。あまり派手にすると目立ち、印象が悪くなりますが、結婚式の2次会のような恰好であれば、違和感なく過ごす事ができます。また髪型もかっちりしていくと印象がいいです。女性であれば、メイクはしっかりとしますが、派手になりすぎないように注意が必要です。出会いを求めるのであれば、まずは服装や身なりから入るのは一つです。

また名刺は多く持ち歩きましょう。名刺交換の際にはしっかりと目を見て、会話をすることをおすすめします。名刺交換しただけでは人脈を得る事はできません。話をできるように、会話を考えておくことも一つです。

女性との出会いを求めるにしても会話は必要です。名刺を渡しただけではその後が続きません。つなげるためには、会話を用意しておくこと、自分アピールを考えておくことは必須です。自分の職業、自分の魅力をあげられるようにしておきましょう。また、自己アピールだけでは相手が引きますから、相手の話が聞ける人の方が、人脈を得る、恋愛への発展につながるでしょう。

異業種交流会とは

そもそも異業種交流会とは何かという話から始めます。異業種交流会とは、会社運営や起業している人、社外での交流を図るために、人脈を得るために交流する会の事をいいます。男女や年齢関係なく、様々な人が参加できる交流会です。自分と全く違う思考や性格の人と話す事、コミュニケーションの練習という事、社会での人脈を増やすなどの目的を持って参加している人が多いです。

実際の異業種交流会は、男性が7割、40代が多いです。もともとは社会でのつながりが強く求められているだけに、男性の交流が主になっています。しかし、ここ最近は、女性の社会進出なども重なり、男女の出会いの場にも含まれています。地位のある人はもちろんいますが、OLの方も参加者はいます。どちらかというと、異業者交流会よりは、異業者交流パーティの方が女性は多いです。

その中で食事をとりながら、自分の興味のある人と名刺交換しながら語り合い、その中で人脈を深めていくことになります。よくある企業のパーティと同じように、立食で行われることも多いです。同じ業種の人と話すだけでは見えなかったことが見えてきたり、人脈を得る事で新しい事業に飛び込むこともできます。自分にとってプラスになる事もある会です。

異業種交流会の出会い

今、婚活や恋活など、出会いを求めて活動している人が多いです。そういった人達は、合コン、婚活パーティ、婚活ツアー、恋活パーティなどいろいろなイベントに行かれています。ここ最近は異業種交流会というのがあり、その中で出会いを求める事もできるようになりました。そもそも異業種交流会とは、自分の仕事と関わりない人と出会うための交流会です。異業種交流会で、恋や結婚の出会いを求めるというよりは、自分の仕事での人脈を得るためにも参加するような会になっています。異業種交流会には、会社経営者や起業家の方や、社外での新しい交流の場など、男女、年齢関係なく、様々な方が参加されています。

その中で、恋愛対象を探すものとはちょっと違ったものになりますが、そもそも業種によっては、男性自体と、女性自体と出会う事の少ない業種の人もいて、その中で出会いがないと恋愛すら難しいところです。そういった人には、2重の出会いがあるところです。仕事としても自分の幅を広げるための異業種交流会でもありますが、その中で出会いをもち、恋愛や結婚につながっていく事を求めていくというのもあります。自分のスキルアップの場所でもあります。

また、そういった2重の出会いを求めて異業種交流会と婚活パーティが一緒になり、異業種交流パーティというのも存在します。もちろん、恋愛が強く存在しています。新しい出会いがあり、自分に合ったパートナーが出会えるような異業種交流会について、説明します。よい出会いがありますように。